薬のネット販売が解禁されたのは最近

最近、薬ネット販売が解禁されました。
それにより、一般用医薬品(市販薬)が購入できるようになりました。
医薬品は大きく「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の二つに分けられます。
医療用医薬品は医師の処方箋が必要で、一般用医薬品は処方箋の必要がなく、ドラッグストアや薬局で販売される医薬品です。

一般用医薬品は第1類から第3類までに分類されており、リスクが相対的に低い2、3類は薬剤師がいなくても登録販売者がいれば販売が可能でした。
一方でインターネット販売については1、2類の一般用医薬品に対し、厚生労働省により薬局等で対面販売しなければならないと定められており、インターネット販売を原則禁止になっていました。

2014年6月12日に施工された改正薬事法では一般用医薬品第1類から第3類とした従来の区分に加え、市販後間もない製品と毒性の強い下契約を「要指導医薬品」という新たな区分に分類されました。
要指導医薬品には、市販後間もない15品目と劇薬5品目の計20品目が指定されました。

劇薬はインターネット販売が禁止され、市販後間もない製品に関しては、販売監視から約3年間を安全性評価期間とし、安全性が確認されるまでインターネット販売は禁止されます。
薬 ネット販売の解禁により、わざわざドラッグストアや薬局に行かなくても薬が購入できるようになったことで、店の営業時間に間に合わない人や店が遠い人などが家から簡単に注文できたり、水虫薬や妊娠検査薬など人目が気になる商品も気軽に購入できるようになりました。

一方で、薬剤師による薬の説明がないことで、副作用や別の薬との飲み合わせ、薬の濫用などのリスクも危惧されています。
また、インターネット上には許可を得ていない違法なサイトや、薬事法による安全性が確認されていない海外医薬品や偽造医薬品を販売するサイトもあるので、購入する際には注意が必要です。

▼高血圧治療薬もネット販売にて購入が可能です。
メインテートを通販して高血圧症を改善できます
▼胃腸薬もネットで購入しよう!
逆流性食道炎・胃潰瘍の治療にはネキシウム