安すぎる薬の通販には要注意!

病気やけがの際には薬が必要になります。
しかし、病院で処方された薬を調剤薬局で処方してもらうとあまり安くはないという感想を持つことがあります。
これは、処方箋が必要な薬だけでなく、薬局で売っている薬でも同じです。
最近では、従来の薬よりも安いジェネリック医薬品が出てきて多くの人が利用するようになりましたが、それでも通院したりもらう薬が多ければ高くなってしまいます。

薬を販売している場所は年々増え続けています。
今ではインターネットでも一部の薬を買うことができるようになりました。
ネットでは、日本国内で未承認の薬を海外から輸入してもらうこともできます。
しかし、薬の通販では様々なことに注意しなければなりません。
その一つが、安すぎる薬の通販です。
薬は高いのでなるべく安く買いたいというのは当然の心理です。
しかし、あまりにも安い場合は要注意です。
インターネットでの販売は、自分が実際に販売員と顔を合わせて購入するわけではありません。
そのため、あまりにも安いと本当に信頼できる業者なのか心配になりますし、違法で販売している場合も少なくありません。
その薬が本当に安全なものなのかも疑問がわいてきます。
多少高くても信頼できる所から買うことが大事です。

なぜ薬の個人輸入は安いのか?

海外からの個人輸入で手に入れる薬には、非常に安価なものがあります。
これは、海外で安く販売されているというわけではなく、ジェネリック医薬品だから安いのです。
逆に言えば、ジェネリック医薬品でなければ、いくら個人輸入で購入しても、相応の値段がします。

何故ジェネリック医薬品が安いのかというと、開発費がそれほど多くかかっていないからです。
ジェネリック医薬品とは、既に開発されている薬の成分の特許期間が終わって特許権がなくなった後に、同じ成分で新たに作られたもののことです。
成分が同じですから、先に開発されたものと全く同じ効果があります。
最初に開発された段階で、安全性の確立のための臨床実験などは、繰り返しおこなわれています。
そのため後から開発する場合は、それを再び繰り返す必要はあまりありません。
その分開発費用が少なくて済み、安く販売することができているのです。

ジェネリック医薬品の種類は、かなり多くあります。
しかし日本国内で販売されているのは、その一部です。
医療機関で処方されることも、それほど多くありません。
したがって手に入れるためには、海外から個人的に輸入をする必要があります。
個人輸入で手に入れる薬が安いと言われているのは、そのためです。